<WGC-デル・マッチプレー 最終日◇26日◇オースティンCC(7,108ヤード・パー71)>

「WGC-デル・マッチプレー」の最終日。世界ランクNo.1のダスティン・ジョンソン(米国)とジョン・ラーム(スペイン)の決勝戦は、ジョンソンが1アップで競り勝ち、世界ゴルフ選手権2連勝を挙げた。

米国男子ツアーの熱戦を特選フォトでプレーバック!
序盤からジョンソンがリード、一時は5アップまで差をつける展開だったが、後半ラームが盛り返し1アップで18番へ。最後は両者パーでジョンソンが勝利、ツアー通算15勝を挙げた。

3位決定戦を戦った谷原秀人はビル・ハース(米国)に2&1で敗北。4位で大会を終えた。この結果、この試合が終了時点での世界ランクは50位以内に入る見込みで、メジャー初戦「マスターズ」への切符を手中に収めた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>