<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 最終日◇26日◇UMKカントリークラブ(6,484ヤード・パー72)>

3年間のあいだ脚光を浴び続けてきた勝みなみが、「アクサレディス」でもトータルイーブンパーの39位タイでベストアマを獲得した。次週の「ヤマハレディース」最終日は4月2日となるため、今大会が実質高校生活最後の大会となる。「優勝したかったので悔しいですね」と、節目で目指すツアー2勝目を達成できなかったふがいなさが強い。

【関連写真】勝みなみの高校最後の戦いをフォトギャラリーで!
「やれることはやりつくしましたが、またいつかチャンスが来る日を待つしかないですね……。2勝目をするのが一番大変だといいますからね」と、気持ちの切り替えをしたくても、悔しさが先に立つ。

今後は、プロの試合に推薦で出場しながら、5月から6月にかけて行われるプロテスト2次を受験予定。順当にいけば7月末の最終プロテストを経てプロ転向だが、「今はこれで高校生活が最後だとかプロテストのことなどは全く考えていません。とにかくプロの試合で勝ちたいんです」と、気持ちはブレない。

「スコアが悪くてもパープレーくらいで回れるようにしないとダメですね。ドライバーが悪くて、アドレスもダウンスイングもフォローも…。原因は分かっているので、一つずつ修正するしかありません」。

次週のヤマハ、その2週後には15歳で制した「KKT杯バンテリンレディス」が待つ。プロテスト合格前にプロ転向するためには、優勝しかない。アマチュアで2勝という輝かしい実績をつくり出すために、新社会人みなみが走り出す!


<ゴルフ情報ALBA.Net>