<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 2日目◇25日◇UMKカントリークラブ(6,484ヤード・パー72)>

「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」は第2ラウンドを行い、昨年度の賞金女王イ・ボミ(韓国)が最終ホールでプリファードライの処置の間違いからペナルティを課されてボギーなど、トータル4オーバーまでスコアを落とし予選落ちを喫した。ボミの予選落ちは2013年の「伊藤園レディス(11月15日〜17日)」以来となり、参考記録ながら連続予選通過(棄権2試合を含むため)は95試合で途切れた。連続予選通過記録は横峯さくらの101試合が最長。世界記録はタイガー・ウッズ(米国)の持つ142試合となる。

えっ!上原彩子に68罰打!? 一体何が?
前週からショットの不振に悩まされているボミは、イーブンパー43位タイスタートで裏街道に回った。13番、16番といずれもパー3でボギーを叩いて後退。18番のパー5はバーディとしたものの、4番(パー4)ではグリーン奥からのアプローチを2メートルオーバーしてボギー。続く5番もボギーとして3オーバーに後退した。

ボミは「2オーバーでもダメだと思っていた」と語ったが、3オーバーはホールアウト時点ではまだ予選通過の望みを残していた。しかし、最終9番でまさかのルールトラブル。流れはこうだ。

まず、この日は朝から降り続いた雨により、フェアウェイのボールを拾い上げて1クラブレングス以内にプレース出来るプリファードライが適用されていた。ティショットを右のラフに入れたボミは、カジュアルウォーターとなったライから救済を受けて、ワンクラブレングス内の同じラフにドロップした。ここまでは問題ない。

しかし、集中力を欠いたボミは本来適用外であるラフのボールもピックアップしようと手にしてしまった。手にした瞬間に気が付いたが、これがペナルティ。ボミは自ら競技委員とマーカーの北田瑠衣に確認して、罰打を受けた。

「今日はフェアウェイで何回かピックアップしていたから勘違いして…。拾ったときにアッと思った、ペナルティだと思いました」。予選通過のためにセカンドをどう打つかに集中するあまりに起きた単純な処置のミスだったと語った。

約3年4か月ぶりの予選落ちとなったが、「でもそれくらい今は頭がキレイ(クリア)じゃない。予選を通ってもいいプレーすることは難しかったと思う」とあきらめ顔。次週は海外メジャー「ANAインスピレーション」に出場のため渡米する。「1日休んでANAを頑張ります」。最後は笑ってコースをあとにした。

【ゴルフ規則18-2】
止まっている球がプレーヤーにより動かされた場合の違反により、1打の罰。(プリファードライ適用外のため)

【この日の追加ローカルルール(ボミが抵触した部分の抜粋)】
スルーザグリーンの「芝草を短く刈ってある区域」にある球は、罰なしに拾い上げてふくことができる。
注:「芝草を短く刈ってある区域」とは、フェアウェイの芝の長さかそれより短く刈ってあるコース上のすべての区域をいう。

【イ・ボミの予選落ち一覧】
2012年 Tポイントレディス +4 58位
2012年 サイバーエージェントレディス +4 66位
2012年 日本女子オープン +12 61位
2013年 ダイキンオーキッドレディス E 55位
2013年 ほけんの窓口レディース +4 53位
2013年 伊藤園レディス +4 73位

<ゴルフ情報ALBA.Net>