<キア・クラシック 初日◇23日◇パークハイアット・アビアラGC(6,593ヤード・パー72)>

カリフォルニア州のパークハイアット・アビアラGCで開幕した米国女子ツアー「キア・クラシック」。その初日、畑岡奈紗が3バーディ・1ボギーの“70”でラウンド。2アンダー18位タイで日本勢最上位につけた。

【関連写真】新韓流美女も笑顔でスタート!国内女子ツアーリアルタイムフォト実施中!
OUTから出た畑岡は5番パー5でグリーン手前のラフからの3打目を1mに寄せてバーディを先行させると、8番、10番とパー5でスコアを伸ばして行く。最後18番でアンラッキーのボギーがあったが、首位と4打差と上の見える位置でフィニッシュした。

とはいえ「アイアンはなんとか曲がりを抑えているという感じ」とまだショットはしっくりきていない。その為、今週も師匠である中嶋常幸にアドバイスを求めたという。その際「スイング的なことじゃなくて、調子が悪いときもしっかりマネジメントをして、最低限のミスで抑えられるように、と言われました」。今週はその部分を意識し「攻めることと守ることがうまくできた。今日は上手くいったと思います」と金言をしっかりと結果へとつなげて見せた。

「明日またしっかりがんばって、まずは予選通過を目指したい。今週トップテンから20位に入ったら、たぶん来週のANAに希望が持てるので、そこに目標を置いています」と畑岡。海外メジャー初出場へ、明日はさらに上位へと進出したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>