<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 事前情報◇23日◇UMKカントリークラブ(6,484ヤード・パー72)>

海外勢の年またぎ8連勝を止めた反響は大きかった。前週の「Tポイントレディス」で今季日本人初の優勝者となった菊地絵理香は「(余韻は)もう特に残っていないですね」とサバサバと語ったが、これまでの2勝に比べて周囲からのリアクションは大きかったという。「今回が一番多かったかもしれない。連敗を止めたとかそういうのもあって今回は喜んでくれる方が多かったのかなと思います」。

【スイング解説】菊地絵理香の深みのあるインパクトは健在 アマチュアは腰の入りを参考に
優勝による喜びもそこそこに今週は2週連続優勝がかかる。これまでの2勝はどちらも春先にタイトルを掲げたが、複数回勝利を挙げたことはまだない。2週連続優勝に関しては初優勝時は「無理とやる前からあきらめていた」。昨年は「スタジオアリス女子オープン」で2勝目を挙げた直後の「KKT杯バンテリンレディスオープン」が、熊本地震発生により中止となり挑戦出来なかった。

未知の領域に入ろうとする菊地の心境はこれまでとは違う。「2週連続優勝をやってみたい気持ちもあるので狙っていきたい。やる前からマイナスなことは考えずに狙っていきながら前向きにやりたい。昨年、一昨年より複数回優勝を挙げる自信もあるので気持ちを高めていけば確率も上がると思う」。

複数回優勝、賞金額も1億円突破という目標を掲げる今春は「優勝争いをしている中での最終日の心境は、不安より楽しみが大きい。自信がついてきているので、今できる中でしっかりと試合を楽しみたい」と頼もしい。日本勢期待のエリカがまたひとつ壁を乗り越える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>