<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 事前情報◇23日◇UMKカントリークラブ(6,484ヤード・パー72)>

宮崎県にあるUMKカントリークラブで開催される、国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」。大会前日のプロアマ戦は冷たい雨の中での開催となり、昨年優勝者のキム・ハヌル(韓国)が体調不良のため9ホールを終えたところで途中棄権した。明日からの本戦出場は体調をみながら判断することとなる。

ドレス姿が美しい!キム・ハヌル特選フォトギャラリー
大会連覇に向けて万全の状態を整えるつもりだった。ハヌルは、前週の「Tポイントレディス」を欠場していったん韓国に帰国し1週間のオフに充てた。韓国では練習と十分な休養を取り、スイーツを食べるなどリフレッシュしたが、「体調を整えようとしていたのに風邪をもらってきてしまった。熱はあまりないですけど、頭が痛い」。月曜の日本入り後も回復せず、報道陣にはマスク姿で対応した。

ディフェンディングチャンピオンとして、この日はプロアマ大会のパーティでスピーチをする予定だった。「韓国でプロアマのスピーチのために日本語の練習をしてきたのに…ザンネンです」とお披露目の機会も失いガックリ。「薬は韓国からもらってきたものがあるので、ホテルに戻って休みたい」とこの日は静養に充てる予定だが、本戦出場には「今日よりよくならないと厳しいかもしれない」と言葉を濁した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>