<アーノルド・パーマー招待 3日目◇20日◇ベイヒルC&ロッジ(7,419ヤード&パー72)>

米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」は最終ラウンドを行い、接戦の末トータル11アンダーでフィニッシュしたマーク・リーシュマン(オーストラリア)が逆転で優勝を果たした。リーシュマンは3位から出て最終日を“69”で回った。

松山英樹の背後に…大きなワニが出現
トータル2アンダーの24位タイからスタートした松山英樹は1バーディ・5ボギーの“76”で4つスコアを落とし、トータル2オーバー45位タイで4日間の競技を終えた。

1打差の2位タイに首位からスタートしたケビン・キスナー(米国)とチャーリー・ホフマン(米国)。トータル9アンダーの3位タイにこの日3つスコアを伸ばしたローリー・マキロイ(北アイルランド)とタイレル・ハットン(イングランド)が続いた。前週の「バルスパー選手権」を制したアダム・ハドウィン(カナダ)が6位に入っている。

【最終結果】
優勝:マーク・リーシュマン(-11)
2位T:ケビン・キスナー(-10)
2位T:チャーリー・ホフマン(-10)
4位T:ローリー・マキロイ(-9)
4位T:タイレル・ハットン(-9)
6位:アダム・ハドウィン(-8)

12位:リッキー・ファウラー(-5)
23位T:ジェイソン・デイ(-2)他
45位T:松山英樹(+2)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>