<アーノルド・パーマー招待 3日目◇18日◇ベイヒルC&ロッジ(7,419ヤード&パー72)>

米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」は第3ラウンドを行い、トータル11アンダーまでスコアを伸ばしたケビン・キスナー(米国)とチャーリー・ホフマン(米国)が首位タイに並んで最終コーナーを回った。

【PGAツアー動画】松山英樹の1打があわやチップインイーグル!
トータル2アンダーの20位タイからスタートした松山英樹は3バーディ・3ボギーの“72”でスコアを伸ばせず、トータル2アンダー24位タイと順位を落として最終日を迎えることとなった。

トータル8アンダーの3位タイにマーク・リーシュマン(オーストラリア)、マシュー・フィッツパトリック、タイレル・ハットン(共にイングランド)。強烈なムーブアップを果たしたのがこの日“65”を叩きだして7つスコアを伸ばしたローリー・マキロイ(北アイルランド)。トータル6アンダー8位タイから最終日の逆転を狙う。リッキー・ファウラー(米国)も同じく“65”をマークしてトータル5アンダーの11位タイに浮上した。

【3日目の順位】
1位T:ケビン・キスナー(-11)
1位T:チャーリー・ホフマン(-11)
3位T:マーク・リーシュマン(-8)
3位T:マシュー・フィッツパトリック(-8)
3位T:タイレル・ハットン(-8)
6位T:アダム・ハドウィン(-7)
6位T:ルーカス・グローバー(-7)
8位T:ローリー・マキロイ(-6)他
11位T:リッキー・ファウラー(-5)他

24位T:松山英樹(-2)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>