<アーノルド・パーマー招待 3日目◇18日◇ベイヒルC&ロッジ(7,419ヤード&パー72)>

米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の3日目。トータル2アンダーの20位タイからスタートした松山英樹は3バーディ・3ボギーの“72”でスコアを伸ばせず、トータル2アンダーのまま第3ラウンドを終えた。

【PGAツアー動画】松山英樹の1打があわやチップインイーグル!
この日は3番で約147ヤードのセカンドを2メートルにつけてバーディを奪うと、池沿いを大きく左にドッグレッグする6番パー5もバーディとしてスコアを伸ばした。しかし、7番パー3ではティショットをグリーン手前に外してボギー。セカンドをグリーン左手前バンカーに入れた9番もパーセーブに失敗して足踏み。後半は11番のパー4で約184ヤードを1.5メートルにつけるスーパーショットでバーディを奪うも、終盤17番パー3でボギーを叩いてホールアウトした。

現時点で首位にはトータル11アンダーとしているケビン・キスナー(米国)。ローリー・マキロイ(北アイルランド)がこの日“65”を叩きだしてトータル6アンダーに浮上している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>