<アーノルド・パーマー招待 2日目◇17日◇ベイヒルC&ロッジ(7,419ヤード&パー72)>

米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」第2ラウンドで1オーバーの46位タイからスタートした松山英樹は、5バーディ・2ボギーの“69”をマーク。首位とは8打差ながらトータル2アンダーの20位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

松山のショットがもう少しで…必見ビッグプレー
キレキレショットが冴えた。OUTスタートの1番で約146ヤードのセカンドをベタピンにつけてバーディを先行させると、4番のパー5でもバーディ。6番パー5ではグリーン右手前のバンカーから1打で出ずボギー、続く7番パー3もボギーと一歩後退したが、11番で約166ヤードをピンに絡めてバーディを奪うと、続く12番パー5でもバーディとしてカムバック。

終盤の15番ではフェアウェイバンカーから約176ヤードを1.5メートルのチャンスにつけてバーディを奪うなど、切れ味鋭いショットでスコアを伸ばした。この日はパーオン率77.78%と「暴れていた」という前日の55.56%から大幅に向上。週末に向けて松山らしさが戻ったラウンドだった。

最終18番もバーディチャンスを逃すなどグリーン上はやや決めきれない場面もあったが、残り2日間でどこまで上位に迫ることができるか注目が集まる。

【2日目の順位】
1位:チャーリー・ホフマン(-10)
2位:エミリアーノ・グリジョ(-9)
3位:マシュー・フィッツパトリック(-8)
4位T:ルーカス・グローバー(-7)
4位T:ケビン・キスナー(-7)
4位T:マーク・リーシュマン(-7)
7位:フランチェスコ・モリナリ(-6)

13位T:ジェイソン・デイ(-3)
13位T:ジャスティン・ローズ(-3)他
20位T:松山英樹(-2)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>