<Tポイントレディス 初日◇17日◇鹿児島高牧カントリークラブ(6,397ヤード ・パー72)>

イ・ボミの表情が冴えない。国内女子ツアー「Tポイントレディス」の初日。イ・ボミ(韓国)が9番と10番でダブルボギーを叩いてしまった。
 
【関連】最新ドレス姿も!イ・ボミ特選フォトギャラリー
9番はセカンドショットをグリーン右の池に入れ、10番ではティショットが左に曲がり林の中へ。その後は出すだけと3パット。
 
常に完璧を求めがちのボミだからこそ、ショックを隠し切れない。ホールアウト後もあまり元気がなかった。

「ショットの調子が良くなかったですね。9番は完全に私のミスショット。10番も3パットでしたが、失敗したホールはこの2つだけ。あとは大丈夫でした」。

ボミのプレーを見ていた母・ファジャさんは、9番で池に落としたプレーを見て「アイゴー。どうもアイアンの感覚が戻ってないみたい」と嘆いていた。

ただ、ボミは連続ダボのあと14、16、17番でバーディを奪取して持ち直した。特に16番は20ヤードのロングパットを沈めて見せ場を作った。スコアは73の1オーバーで、順位も48位と振るわなかったが、それでも1日で5バーディは悪くないだろう。

「アイアンを去年のものに戻してからは、良くなってきています。しっかり修正して明日からもがんばります」。

この日も多くのギャラリーを引きつれていたボミが、明日からの巻き返しを期した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>