<Tポイントレディス 初日◇17日◇鹿児島高牧カントリークラブ(6,397ヤード ・パー72)>

下川めぐみが安定したティショットと好調なパッティングで3位タイの好スタートを切った。

【フォトギャラリー】ボミ、絵理香、琴音らの最新写真が満載!大会初日をプレーバック
3番パー3、9番ウッドでグリーンに乗せたがピンまでは15メートルと距離が残った。しかし、これをねじ込んで流れに乗ると、続く4番では5メートル、8番パー5でも5メートル、折り返し後の12番パー3では9メートル、13番では8メートルと「チャンスはそんなに多くなかったけど」、ロングパットを次々にねじ込んでスコアを伸ばしていった。

昨年は「1年を通してパットが悪かった」。しかし、昨年の終盤戦から「キャディにラインを読んでもらうと感性がにぶるので、自分で読むようにした」という。まだ「不安で大丈夫かなと思って打っている」としっくりは来ていないが、この日はとにかくパットが入った。

「正しいことはやってるんですかね」。自分のストロークと読みが間違っていないことは確認できた。春先は風向きが変わりやすく、グリーン上のプレーが重要になる。この第1ラウンドの流れが続けば悲願のツアー初優勝も見えてくるだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>