<バンク・オブ・ホープ・ファウンダーズ・カップ 初日◇16日◇ワイルドファイアGC(6,679ヤード・パー72)>

アリゾナ州にあるワイルドファイアGCで開幕した米国女子ツアー「バンク・オブ・ホープ・ファウンダーズ・カップ」。宮里藍は6バーディ・ノーボギーの“66”でラウンド。首位と2打差の6アンダー・11位タイにつけた。

【関連】哀悼の想いを込めて…パーマーへ捧げるティショット
INから出た宮里は出だしの10番、そして12番とバーディを奪う順調な滑り出しを切ると、圧巻は後半。2番で2mのパーパットを沈めて流れを掴むと4番から4連続バーディ。「2アンダーから3アンダーに中々行けなかったけど、あそこを凌げたことが良かった。ミスの少ないラウンド。ボギーもなかった。チャンスが多い1日だったのですごくリズムの良いラウンドができた」とホールアウト後に白い歯をこぼした。

昨年優勝したキム・セヨン(韓国)がアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)の持つLPGA最少スコアに並ぶトータル27アンダーを叩きだすなどバーディ合戦必至の今大会。「グリーンが例年より止まった。明日の朝はもっと軟らかくなるかもしれないので、アグレッシブにいけるところはいきたい」。伸ばし合いにもひるむつもりはさらさらない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>