国内女子ツアーは第2戦が終了。腎臓がんを克服したことで話題を集めた“不屈のゴルファー”イ・ミニョン、早くもツアー会場でサイン攻めにあっている“8頭身美女”ユン・チェヨンら新規の韓国勢が顔を見せる中、開幕前に大きな注目を集めた韓国ナンバーワン人気プロ“セクシー・クイーン”ことアン・シンエは未だ日本ツアーデビューを果たしていない。

【関連写真】貴重!?なすっぴん姿も アン・シンエフォトギャラリー
去年のQTに出場して日本ツアーへの参戦を目指したシンエはファイナルで45番目に入った。ほぼ全ての試合に出られるのは例年38番目。特に欠場者の少ない序盤戦は出場権が降りてこない可能性が高いため、当初から関係者の間では今週開催の「Tポイントレディス」に主催者推薦で出るのでは、と見る目が強かった。

しかし、同大会の出場者リストに名前は無し。アクサレディス、ヤマハレディースのメンバーにも入っておらず欠場するとみられる。また、今週開幕する韓国ツアーにもエントリーしていない。

韓国ゴルフ事情に精通している記者、SNSなどの情報を総合すると、今年の動きはオーストラリアで合宿後、タイでさらにゴルフ合宿を慣行。その後2週間前の自身のインスタグラムに六本木の写真をアップされていることから来日していたとみられる。そしてまたオーストラリアへと移動して余暇を楽しみ、今は韓国へと帰国している可能性が高い。

今年の1月に「韓国ツアー7割、日本ツアー3割の比率で出場する」と語っていたが、先述の記者によれば「まだ日本のどのツアーに出るか未定」とのこと。モデル並みのスタイルと美貌で人気の気まぐれ女王様が最初に降り立つ日本のコースはどことなるのだろうか。去年実績で言えば「スタジオアリス女子オープン」の出場権は得られそうなため、最短ではそこになりそうだが…。

<ゴルフ情報ALBA.Net>