<アーノルド・パーマー招待 事前情報◇14日◇ベイヒルC&ロッジ(7,419ヤード&パー72)>

昨年の9月に逝去したアーノルド・パーマー(米国)の名を冠した米ツアー競技「アーノルド・パーマー招待」がフロリダ州のベイヒルC&ロッジで16日(木)より開幕する。今大会のフィールドは招待を受けたトッププレーヤーのみで構成され、日本からは世界ランキング4位の松山英樹が3年連続で出場する。

【関連】古閑美保と小平智が入籍発表!仲睦まじい姿を見せる2人
米ツアーの公式サイトでパワーランキング(優勝予想番付)が発表され、松山は一昨年の21位、昨年の6位フィニッシュが評価され、優勝候補5番手にピックアップ。肋骨の怪我からの復帰2戦目となるローリー・マキロイ(北アイルランド)が優勝最有力と見られている。

2番手に2013年大会からトップ10入りを続けているヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、3番手に過去5回の出場で4度のトップ15フィニッシュと好相性のジャスティン・ローズ(イングランド)が挙げられた。また、昨年覇者のジェイソン・デイ(オーストラリア)は6位となっている。

なお、過去8度の大会制覇を成し遂げているタイガー・ウッズ(米国)は、痛めている腰の状態が思わしくなく、今大会の欠場が決まっている。

【パワーランキング】
1位:ローリー・マキロイ(3)
2位:ヘンリック・ステンソン(5)
3位:ジャスティン・ローズ(13)
4位:リッキー・ファウラー(9)
5位:松山英樹(4)
6位:ジェイソン・デイ(2)
7位:ブラント・スネデカー(24)
8位:ザック・ジョンソン(42)
9位:フランシスコ・モリナリ(33)
10位:タイレル・ハットン(16)

※()内は世界ランキング

<ゴルフ情報ALBA.Net>