<FedExCupポイントランキング>

世界ゴルフ選手権「バルスパー選手権」終了後のFedExCupポイントランキングが公開された。

米国男子ツアーの熱戦を特選フォトでプレーバック!
同大会でツアー初優勝を挙げたアダム・ハドウィン(カナダ)が500ポイントを獲得、前週の15位から一躍4位にまで順位を上げた。トップ3の選手たちは先週は出場していなかったが、順位に変動はなく松山英樹は変わらず2位にランクインしている。

最終日にスコアを落とし69位に終った石川遼は4ポイントを加算したが、順位は108位から113位に後退してしまった。

【FedExカップポイントランク】
1位:ジャスティン・トーマス(1,737point)
2位:松山英樹(1,736point)
3位:ダスティン・ジョンソン(1,353point)
4位:アダム・ハドウィン(1040point)
5位:ジョーダン・スピース(1,010pt)
6位:パット・ペレス(951point)
7位:ジョン・ラーム(941point)
8位:ブレンダン・スティール(901point)
9位:ゲーリー・ウッドランド(816point)
10位:リッキー・ファウラー(773point)

113位:石川遼(135point)
146位:岩田寛(76point)

<ゴルフ情報ALBA.Net>