<バルスパー選手権 最終日◇12日◇イニスブルック・リゾート(7,340ヤード・パー71)>

トータル2オーバーの54位タイからスタートした石川遼は、ノーバーディ・6ボギー・2ダブルボギーの“81”を叩いて69位と屈辱の最下位に沈んだ。

女子ツアーでは期待の新星誕生!ベテランに挑んだ美人若手プロとは…?
序盤からショットに苦しむ石川は1番パー5でティショットを右に曲げてボギーが先行すると、6番(パー4)、9番(パー4)とボギーを重ねてハーフターン。後半も11番パー5でボギーを叩くと13番パー3では2日連続となる池ポチャでダブルボギー。さらに16番もティショットを池に入れてダブルボギーを叩いた。悪い流れのまま17番、18番(共にパー4)も連続ボギーを叩いてただ一人2ケタオーバーで4日間を終えた。

フェアウェイキープ率15.38%、パーオン率27.78%のスタッツをみれば言い訳のしようもない。「昨日までの部分を踏まえて修正しようと思っていたところが裏目に出ました」。この日はアドレスのポジションを昨日よりもわずかにボールから遠くするというポイントに取り組んだが結果的にショットが荒れた。

「今までのアドレスとの景色の違いで、ボールにまず当てようってしていた。結果的にショットは乱れたけど原因は100%わかっていそれを最後までトライしてたんですけど一回できて、一回できないみたいな感じだった」

よりいい球を求めてスイング改造を重ねる中での乱調。それでも迷いはない。「スコア関係なく最後までトライしてトライしてという感じ。だめだから戻そうということはなかったのでそこはゆらいでいない。原因はボールに当てにいっちゃってるというのがあるだけ。それができてくればアイアンのスピンも増えて高い球がでて飛距離も増えてドライバーも良いキャリーがでてくるようになっている。もう練習しかない」。

悪いスコアに気持ちのコントロールも難しいラウンドだったが、終盤にはギャラリーを沸かせる場面もあった。16番では池に入れたあとの3打目は球の後ろに木があるライだったが、グリーンに背を向けて木に向かい合う形で9番アイアンで大きなフックボールを打ってグリーン手前まで運んだ。「ああいう1打で湧いてくれると、スコア悪いから適当にやるっていうんじゃなくてスコアは関係ないなって思いました。あれはほんとにベストを尽くせた1打だと思う」。苦しい中でも持ち前の明るさで前を向いた。

次戦は一週挟んで「プエルトリコオープン」に出場する。過去2位に入るなど優勝争いの経験もある大会は、シード獲得へ向けたポイントの面でも重要な一戦となる。「モチベーションは自分の中では結構高く持ててるので、とりあえず良い準備してまずは練習あるのみですね」。最後は表情を引き締めてコースを後にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>