<バルスパー選手権 最終日◇12日◇イニスブルック・リゾート(7,340ヤード・パー71)>

米国男子ツアー「バルスパー選手権」は最終ラウンドを行い、トータル2オーバーの54位タイからスタートした石川遼はノーバーディ・6ボギー・2ダブルボギーの“81”を叩いてトータル12オーバーでフィニッシュした。ホールアウト時点では決勝ラウンド進出者の中で最下位となった。

女子ツアーでは期待の新星誕生!ベテランに挑んだ美人若手プロとは…?
石川は1番パー5でティショットを右に曲げてボギーが先行。その後もショットが安定せず6番(パー4)で2つ目のボギーを叩くと、9番(パー4)もティショットをフェアウェイバンカーに入れてボギーとした。

バックナインも苦闘が続き、11番パー5でボギーを叩くと、13番パー3では2日連続となる池ポチャでダブルボギー。さらに16番(パー4)でもティショットを池に入れてダブルボギーとした。続く17番(パー4)、18番(パー4)もいずれもグリーンサイドバンカーからボギーとし大きくスコアを落とした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>