<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディス 最終日◇12日◇土佐カントリークラブ(6,228ヤード ・パー72)>

国内女子ツアー第2戦「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディス」の最終ラウンドが開始。最終組が1番を終えて、全選手がコースへと飛び出した。

【関連写真】最終日の模様をリアルタイムフォトでチェック!
現在のトップは青木瀬令奈。1打差の2位タイに大山志保、藤崎莉歩に1番でバーディを奪ったカン・スーヨン(韓国)の3人。2位から出たキム・ハヌル(韓国)は2番でボギーを叩きトータル4アンダーの5位グループに入っている。昨年覇者イ・ボミは6番まで全てパー。トータル1アンダーの19位につけている。

また、裏街道から出た先週の覇者アン・ソンジュ(韓国)が11番から3連続バーディでトータル3アンダーに。猛チャージで大逆転優勝を窺う。

今大会は歴代最多となる5年連続でプレーオフとなっている。今年も大混戦の様相を呈している土佐決戦。最後に笑うのは。

【同一トーナメント最多連続プレーオフ回数】
5回:ヨコハマタイヤ PRGRレディス(2012〜2016)
4回:徳島月の宮レディス(1987〜1990)
4回:ミズノオープン(1990〜1993)
4回:NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2011〜2014)

<ゴルフ情報ALBA.Net>