<バルスパー選手権 2日目◇10日◇インニスブルック・リゾート(7,340ヤード・パー71)>

米国男子ツアー「バルスパー選手権」の2日目。順延となっていた第1ラウンドの未消化分と第2ラウンドをスタートし、2アンダー24位タイから出た石川遼は前半ハーフを終えて1バーディ・3ボギーとスコアを落とし、トータルイーブンパーでハーフターンした。

【関連】石川遼、初日インタビュー「何でこのスコアが出たのか」
石川は2番(パー4)でティショットを左に曲げるとセカンドをバンカーに入れてボギーが先行。その後もショットが安定せず、グリーン右手前にセカンドを外した6番(パー4)でもボギーを叩くと、8番(パー3)もボギーとし後退した。9番では約128ヤードのセカンドを2メートルにつけてバーディを奪った。

現時点で首位は9アンダーとしているジム・ハーマン(米国)、2打差でラッセル・ヘンリー(米国)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が追っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>