タイガー・ウッズ(米国)が自身のホームページで、3月16日から開催される「アーノルド・パーマー招待」の欠場を発表。ゴルフチャンネルなど、米国でもニュースとなった。

【フォトギャラリー】復帰戦のタイガーは満面の笑みを見せた
腰の容体は回復せず、「今年はアーノルド・パーマー招待でプレーすることができなくなった」と綴ったウッズ。「これは私がスキップしたくなかった試合の1つ」と昨年亡くなった、敬愛するパーマーのイベントに出場できないことに無念さをにじませていた。

ウッズは2月に行われた欧州ツアー「オメガドバイデザートクラシック」を第2ラウンドのスタート前に棄権。その後は米ツアーの「ジェネシス・オープン」などに出場予定だったが、腰の状態が芳しくなくスキップを続けている。

会場となるベイヒルC&ロッジでは過去に8勝とバツグンの相性を誇っているウッズ。「マスターズ」の開幕前に、得意コースで弾みをつけておきたかったがそれもかなわなかった。なお、現時点でいつツアーに復帰ができるか見通しは立っていない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>