<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディス 事前情報◇9日◇土佐カントリークラブ(6,228ヤード ・パー72)>

奇跡の1打で優勝をもぎ取ってから1年。過去2勝を挙げている土佐にイ・ボミ(韓国)が今年も舞い降りた。

【関連】最新ドレス姿も!総数600枚以上のイ・ボミフォトギャラリー
今でも忘れはしない。1打差で追いかける状況で迎えた18番、ティショットを右へ曲げてボールは林に。木がスタイミーという絶体絶命の状況で、普段は練習しないインテンショナルスライスをイメージした2打目は、左から吹いた風に乗り、ピンそば20cmにつけるスーパーショット。「ゴルフ人生でも忘れないショットの1つ。200点満点でした!」という1打でプレーオフに持ち込み、2016年初勝利を挙げた。

今日のプロアマでは思い出の場所にお礼参り。実際にピンを狙ってみたところ「何であんなショットをできたんだろ。もうできない」と未だに何でできたか分からない。とはいえ「今日は良いイメージで打てました」とフェアウェイをしっかり捉えており、もう一度打つ機会はなさそうだ。

2回勝っているだけあってコースの印象は相変わらず良いが、「優勝はまだ考えていません。まずは好位置につけられるように頑張りたいですね」とボミ。まずは初日のゴルフに全力を注ぐ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>