2015年、日本ツアー初挑戦となった公式戦「ワールドレディスサロンパスカップ」でいきなり優勝。勢いそのままに「全米女子オープン」までも制覇し海外メジャー初優勝。10月の「日本女子オープン」で再び来日し、またまた優勝。韓国ツアーでは同年5勝を挙げるなど、一気にスターダムにのし上がった韓国のチョン・インジ。今季から契約した日本のアパレルブランド「アンパスィ」の撮影で来日したため、話を聞いてきた。

ドレス姿も!チョン・インジ特選フォトギャラリー
“メジャーハンター”、“クールビューティ”の異名を取るインジ。韓国では一、二を争うファンクラブ会員数を誇り、日本でもその人気は上がる一方。175センチの長身に知性あふれる穏やかな笑顔。男性ファンの心をガッチリつかんでやまないスターは、ニューウエアの撮影とあって終始ご機嫌。

「オリジナルのマークも入れていただいて、このウェアを着て試合に出られるのが楽しみです」と、お気に入りのウェアにテンションアップ。カメラチェックも自ら行い、ポージングもお手のもの。22歳らしく撮影を楽しむが、ゴルフに話が及ぶと、キリッと表情が引き締まる。「昨年はケガもあって長いあいだ休んだこともありましたが、今は完治して万全の状態です。スイング、ショットもグレードアップできると思っています」と、仕上がりは上々のようだ。

昨年は「エビアン選手権」で海外メジャー2勝目。21アンダーというメジャー最多アンダーパー記録を塗り替えるおまけつきだった。米女子ツアーでは平均ストローク69.58で堂々1位。そんなインジの今季の目標は何なのか?「焦らず急がず、ですね。自分のすべきことだけに集中すれば、昨年よりもいい成績がでると期待しています」と、具体的な数字は掲げないものの、「メジャーのANAインスピレーションで優勝することは目標の1つです」とメジャー3勝目を狙う。

気になるのは、今年も来日するかどうか。「まだわかりませんが、できればまたプレーしたいと思います。日本の皆さんも応援してくださいね!」。来日時にはサインをねだるファンで長蛇の列ができる。今や世界のトッププレーヤーの仲間入りを果たしたインジの来日が待ち遠しい!

<ゴルフ情報ALBA.Net>