<WGC-メキシコ選手権 最終日◇5日◇クラブ・デ・ゴルフ・チャペルテペック(7,330ヤード・パー71)>

世界ゴルフ選手権「WGC-メキシコ選手権」の最終日。25位タイから出た松山英樹はスコアを伸ばせずトータル3アンダーでフィニッシュした。

松山・池田・谷原が参戦!WGCをフォトギャラリーでプレイバック
松山は幸先良く1番でバーディを奪うと、4番からは連続バーディを奪取。ここまでは快調にスコアを伸ばしていたが6番パー5で3打目を池にいれてしまいダブルボギーに。9番でもボギーとし、スコア伸ばせずに折り返す。

後半は11番パー5でバーディが先行したが、続く12番はボギーに。その後はパーを重ね、4バーディ・2ボギー・1ダブルボギーのイーブンパー“71”でホールアウト。トータル3アンダー、暫定26位タイでプレーを終えた。

トップ10を狙った谷原秀人は15ホールを消化、スコアを2つ落としトータル2アンダー暫定29位タイで現在もプレー中。池田勇太は14ホールを消化、1つ伸ばしトータル8オーバー暫定63位タイなっている。

現時点の首位は11ホールを消化し、トータル15アンダーまで伸ばしているダスティン・ジョンソン(米国)。2位のジョン・ラーム(スペイン)に3打差をつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>