<WGC-メキシコ選手権 3日目◇4日◇クラブ・デ・ゴルフ・チャペルテペック(7,330ヤード・パー71)>

初日、2日目とスコアを伸ばせていなかった松山英樹がムービングデーに“66”をマーク。スコアを5つ伸ばし順位は25位タイに浮上。トータル3アンダー、首位とは9打差と優勝は厳しいがトップ10は十分に射程圏内に入れた。以下、この日の一問一答。

松山、谷原、池田が世界と戦う!米国男子フォトギャラリー
(スコア的には良かった)
そうですね。フツーにやっと伸ばせましたね。

(序盤、11番から良いパットがきまった。パットの進歩?)
進歩はしていないけどはいってくれて良かった。

(修正したところは?)
毎ホール、毎ホール、違う打ち方をしているので分からないです。

(出る前の練習での感触、行けそうとか?)
ないですね。
(結果的に入ってくれた?)
そうですね。

(ティーショットも良かった)
そうですね。あとから考えればフェアウエーからしか打っていなかったので、びっくりしましたね。

(少し楽にプレー出来た要因?)
そうですね。しっかり打てていたし、良かった。

(ボギーを1つに抑えられたのもティーショットの良さが大きい?)
そうですね。

(ラウンドを通しての満足度?)
あんまり昨日までと変わらない。アプローチが少し良くなったのでそこだけは良かったなと思います。

(バーディーが多いのは気持ちとして乗って行ける?)
それはないですね。

(満足できないのはパッティングがまだまだ?)
そうですね。

(アンダーにもなった)
そうですね。少しでも伸ばしていけるようにがんばりたい。

(スコアになってくると自然と気持ちは良くなってくる?)
あんまり変わらないですけど、ショットは気持ち良く打てる。

(あとはパット次第?)
そうですね。

<ゴルフ情報ALBA.Net>