<ダイキンオーキッドレディス 最終日◇5日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,617ヤード ・パー72)>

2017年国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」からLPGA(日本女子プロゴルフ協会)の年間計測データにいままでなかった項目が加わった。アマチュアが最も気になる数字・ドライビングディスタンスだ。

【フォトギャラリー】300枚超の写真で開幕戦最終日を振り返る!
JGTO(日本ゴルフツアー機構)同様、各日2つの計測ホールのアベレージで算出される方法。今大会の決勝ラウンドに進出した選手のなかで、トップ5を紹介すると…

1位:葭葉ルミ(262.13ヤード)
2位:比嘉真美子(255.88ヤード)
3位:柏原明日架(250.00ヤード)
4位:川岸史果(248.00ヤード)
5位:香妻琴乃(246.13ヤード)

飛ばし屋としてすぐに名前を連想できる比嘉、川岸を抑えて、1位に輝いたのは葭葉。順位こそ35位タイと中位だったものの、決勝ラウンド2日間は約270ヤード、約278ヤードと他を圧倒する飛距離を披露した。

ファンからすれば“なぜ?”と驚くランキングだが、本人は狙って叩きだした数字だ。「計測ホールでは飛ばしにいきました。飛距離アップを目指して、オフにスイングだったり、クラブを調整した。スコアはともかく飛距離が伸びたというのは実感できました」と笑顔。ヘッドスピードは42m/sから45〜46m/sに伸び、昨季から確実に15ヤード以上アップしているという。

オフのおもな課題は"振れる体を作る"。「ゴルフ用の素振りバットで、“これ以上は振れないな”というくらい全力スイングを可能な限り」と、高い負荷をかけたバットスイングを繰り返し、室内で実際のショットの計測データを取りながら、数字を意識していった。

ギア面はいずれは見直さなければいけない状況だった。昨年までのクラブ契約先はナイキ。だが同社は昨年ゴルフクラブおよびボール事業からの撤退を発表し、アパレル面は継続もギアサポートは当然困難になる。そこで新ドライバーは地クラブの『CRAZY』、新アイアンは米国でリディア・コ(ニュージーランド)が契約したことで話題の『PXG』に変更。「ドライバーを変えたことでより振れるようになりましたし、アイアンもやさしさに加えて、距離も出て、球も止まる。5ヤードは伸びている」と、新たな相棒に恵まれた。

「全体的に飛距離が伸びたので、攻めるイメージが昨年と変わってしまって、難しい。普段だったら届かない番手でも届いてしまう。クラブの入れ替えも含めて少しつづ調整しなければ」と課題は残るも、ツアー2勝目へ向けての飛ばし屋転向は、成功しつつあると言えるだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>