<ダイキンオーキッドレディス 最終日◇5日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,617ヤード ・パー72)>

今季の日本初戦は納得のいくものとはならなかった。「ダイキンオーキッドレディス」最終日、米国を主戦場としている畑岡奈紗は3バーディ・5ボギーと出入りの激しいゴルフでスコアを2つ落としトータル2オーバーの18位タイとなった。

【フォトギャラリー】300枚超の写真で開幕戦最終日を振り返る!
悔やんだのは5ボギーを叩いた前半9ホール。「ショットがどうにもならなかった。自分のスイングの問題だと思う。4日間通して疲れもあったと思う」。グリーンも最後まで読み切れなかった。「高麗芝は最後まで攻略できなかったですね。ちょっと弱いとすぐ切れたりして」と歯がゆさをにじませた。

もう1つ今大会で感じたのは連戦の戦い方。「初めて3連戦となったのですが、前の試合を反省する間もなく次の試合に入ってしまっていました。しっかりリセットして次の試合に入れるように意識していきたい」。プロとして連戦での気持ちの切り替えはカギとなるだけに、早く慣れていきたいところ。

最後の2mのバーディパットを決められず、「プロは1打で100万円以上変わる。ショットもパットもしっかり重みを感じてプレーしたい。ああいうパットをしっかりと決めていきたい」。南国で一回りも二回りも成長して、主戦場へと戻っていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>