<ダイキンオーキッドレディス 3日目◇4日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,617ヤード ・パー72)>

昨年の賞金女王が開幕戦から優勝の見える位置で最終日に駒を進めた。「ダイキンオーキッドレディス」3日目、3位タイから出たイ・ボミ(韓国)は3バーディ・1ボギーとスコアを2つ伸ばし、首位と3打差のトータル6アンダー4位につけた。

上位陣から美人プロまで!大会3日目の「ライブフォト」
3か月ぶりの試合の決勝ラウンドはボミを朝から不安にさせた。「久々だからだと思うんですけどすごく緊張して…」。コンディションを知るために毎日計測しているという体温は、この日緊張や不安からか35.1度。いつもよりも0.8度も低く「こんなに低いのは初めてだった」。

緊張を解いたのは今年守り続けている決め事だった。「賞金女王や平均ストローク60台ももちろん大事な目標だけど、何よりも今年は自分にプレッシャーをかけずに楽しくプレーしたい」。上位やスコアを変に意識せず、目の前の1打に集中。ラウンド中は清水重憲キャディとの会話を楽しみ少しずつ不安を取り除いていった。

緊張はホールを経るごとに落ち着いていき、プレーも比例して安定した。「体調が悪いと思うと、ショットも悪いと思い込んでしまうので。とにかく自分に変な重圧をかけないように楽しみました」。9番で最初のバーディと少し時間はかかったが、バックナインで2つのバーディを奪い、優勝戦線に踏みとどまった。

「明日も私は他の人のスコアは動かせないから、自分が1打1打やりたいと思ったことをできるように頑張るだけです」。女王は自然体で、最終日へと向かう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>