<WGC-メキシコ選手権 2日目◇3日◇クラブ・デ・ゴルフ・チャペルテペック(7,330ヤード・パー71)>

初日4オーバーの61位タイと出遅れた谷原秀人。しかし、この日は6バーディ・2ボギーの“67”とスコアを4つ伸ばしトータルイーブンパー36位に浮上した。

今週は体調不良に悩まされたが、「ご飯もやっと食べられるようになってきた」とようやく回復。「ティショットがフェアウェイに行けば、アイアンは距離も昨日は合っていたので。今日はイーブンまで戻そうと思ってやっていたので、狙い通りに回れて良かった」。昨日はショットが左にいきがちだったが、それを修正。ティショットも安定し、アイアンショットをチャンスにつけることができた。

谷原の現在の目標は4月のメジャー初戦「マスターズ」に出場すること。現在の世界ランクは56位で、3月27日時点のトップ50入りを目指している。「上に行けば行くほどポイントが高いので上に行きたい」。残りは2試合、この試合で上位に入ることができれば、達成に大きく前進することができる。

ポイントの計算などは「相手がいることなので」していないという。「最後まで諦め悪くいきますよ」。この日、スコアをイーブンまで戻せたのは大きいだろう。残り2日間もさらに上を目指し戦い続ける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>