<WGC-メキシコ選手権 初日◇2日◇クラブ・デ・ゴルフ・チャペルテペック(7,330ヤード・パー71)>

メキシコに舞台を移して初開催となる「WGC-メキシコ選手権」。松山英樹は4バーディ・5ボギーの“72”で1オーバー42位タイスタートとなった。標高2300メートル以上という高地の影響を受けて距離感のアジャストが難しいショットよりもむしろ、傾斜の強いグリーン上で苦戦。不満の残る内容に表情を硬くした。

【関連動画】この時はパットもキレキレ!!松山英樹、WGC初制覇の瞬間!
復帰戦のローリー・マキロイ(北アイルランド)、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)という最注目組でINから出た松山は、ティショットを左に大きく曲げた11番パー5でのボギーから序盤で3つスコアを落とす立ち上がり。それでも、15番パー5からハーフターン後の3番までに4つのバーディを奪うなど巻き返しを見せた。

しかし、ティショットを曲げた4番でボギーを叩くと、5番もボギーとしスコアを伸ばせずにホールアウト。「ショットは悪いながらもチャンスにも付けられたと思うけど、ショートゲームがうまくいかなかった」と唇をかんだ。

「ショットはリビエラの時より良くなっていると思う」という中で、特に不安を残したのがパッティング。グリーン自体の難しさもあるが、「自分のストロークが…良くない。そこを直して行けたらスコアも伸ばせる」。12番では約6.5メートルのパットを7メートルほどオーバーするなどタッチが合わなかった。終盤8番は3メートルほどのパーパットをねじ込む粘りを見せたものの、到底納得のいくものではなかった。

「パットをうまく修正できれば自然と流れも良くなると思う」。予選落ちのない4日間。まずは週末に向けて好感触をつかむべく1時間ほどのパット練習を行い、コースを後にした。

【初日の順位】
1位T:フィル・ミケルソン(-4)
1位T:ジミー・ウォーカー(-4)
1位T:ライアン・ムーア(-4)
1位T:ロス・フィッシャー(-4)
1位T:リー・ウェストウッド(-4)
1位T:ジョン・ラーム(-4)
7位T:ローリー・マキロイ(-3)他
14位T:リッキー・ファウラー(-2)他
20位T:ダスティン・ジョンソン(-1)他
28位T:ジョーダン・スピース(E)他

41位T:松山英樹(+1)他
61位T:池田勇太(+4)
61位T:谷原秀人(+4)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>