<ダイキンオーキッドレディス 事前情報◇28日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,617ヤード ・パー72)>

3月2日に開幕する2017年国内女子ツアー初戦「ダイキンオーキッドレディス」。近年の女子ツアーは、毎年"新たなスター候補性"が初優勝を手にしており、2016年シーズンは、葭葉ルミ、ささきしょうこ、松森彩夏ら20代前半の選手が栄冠を手にした。

【関連】バッチリ決まった私服姿も!柏原明日架特選フォトギャラリー
堀琴音、柏原明日架、森田遥など、アマチュア時代からツアーで活躍した注目株たちは、同年代の活躍を目の当たりにし、今季に期する思いがあるが、柏原は「前半戦と後半戦で1勝ずつ。まず1勝目を早めに」と、高い目標設定で挑む。

一昨年賞金ランク50位から、2016年シーズンは29位にジャンプアップ。2位フィニッシュが2度、そして「日本女子オープン」では最終日に優勝争いに食い込んだが、「全体的にレベルアップしていると思いますが自分の目標設定はクリアできていない。悔しさが残るシーズンでした」と振り返る。

複数回優勝での最終戦「LPGAツアー選手権リコーカップ」出場という目標をクリアするために、オフにまず見直したのはクラブセッティング。「大幅に変えました。昨シーズンまでのミスの要因の統計を取り、改善してセットを組みました」と、磐石の態勢を作った上で、体力面、技術面での向上も図ってきた。

ドライバー、フェアウェイウッドは契約するキャロウェイゴルフの新モデル「GBB EPIC STAR」を投入。同シリーズのドライバーは上田桃子、テレサ・ルー、藤田光里らがこぞって変更しているモデルで、柏原も「飛距離は本当に伸びましたね」と大きな武器になっている。

「ギアの進化、体の進化、技術的な進化がかみ合えば勝てる」。昨年の開幕戦は予選落ち。今年は初戦から結果を求めて戦っていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>