<ダイキンオーキッドレディス 事前情報◇28日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,617ヤード ・パー72)>

沖縄県にある琉球ゴルフ倶楽部で開催される「ダイキンオーキッドレディス」の練習日で、今季への意気込みを聞かれた葭葉ルミはツアーでも日本一とも言えるドライバー飛距離への挑戦を語った。

【関連】セクシーウェアに注目!葭葉ルミ特選フォトギャラリー
「今年はツアー2勝目を目指しますが、飛距離をとにかく平均で270ヤードを超えたいです。昨年からのトレーニングで250ヤードまで超えてきたのですが、とにかくドライバーの平均飛距離を270ヤードまで超えれば、スコアメイクもすごくラクになると思います」(葭葉)

ちなみに昨年の「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」の日本人平均飛距離のNO.1は渡邉彩香の265.8ヤードであり、その上にはレクシー・トンプソンが278.8ヤードを記録している。平均飛距離270ヤードを超えれば、必然的日本人NO.1の飛ばし屋になるともいえる。

「ナイキのクラブから今年は『クレイジー』のヘッドとシャフトを採用して、球がヘッドに乗ったような強い球が打てるようになりました」という葭葉。クラブの力を借りて飛距離アップできただけでなく、オフのトレーニングもかなり効果があったという。

「それとオフの間にひたすら素振りを繰り返してきて、飛距離アップできたんです。野球バットのような素振りを繰り返すことですごく効果があったんだなと実感しました」(葭葉)。飛距離アップに悩んでいるアマチュアにも効果アリ?

<ゴルフ情報ALBA.Net>