<WGC-メキシコ選手権 事前情報◇28日◇クラブデゴルフ・チャペルテペック(7,330ヤード・パー71)>

ゴルフ世界選手権の第2戦目「WGC-メキシコ選手権」が3月2日(木)よりメキシコのクラブデゴルフ・チャペルテペックにて開幕を迎える。昨年までは「キャデラック選手権」という名称で開かれていたが、スポンサーの変更に伴い、大会名と会場を変更。装いを新たに激闘の幕が切って落とされようとしている。

【関連】WGC制覇の瞬間!松山英樹がパーパットをねじ込んだ
米ツアーの公式サイトで発表されたパワーランキング(優勝予想番付)では、昨年10月に開かれた「WGC-HSBCチャンピオンズ」で日本人初の世界選手権制覇を果たした松山英樹が4位にランクイン。先々週の「ジェネシス・オープン」では今季初の予選落ちを喫した松山だが、すでにシーズン2勝を挙げている勢いは本物と見る向きが強いようだ。

ランキング1位にはジェイソン・デイ(オーストラリア)を抜き、世界トップの座についたダスティン・ジョンソン(米国)が挙げられた。WGCではタイトルこそないものの、4度のトップ5入りをしているヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が2位、世界ランキング6位のジョーダン・スピース(米国)が3位と続く。

肋骨の怪我から回復し、1月の欧州ツアー「BMW南アフリカオープン」以来の出場となるローリー・マキロイ(北アイルランド)は8位にランクイン。また、ディフェンディング・チャンピオンのアダム・スコット(オーストラリア)は9位となっている。

そして、日本からは昨年の国内ツアー賞金王池田勇太と2位の谷原秀人が出場。谷原にとっては4月の「マスターズ」出場資格を得るため、少しでも上位でフィニッシュしたいところ。松山ら日本勢3人の奮闘に期待がかかる。

【パワーランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(1)
2位:ヘンリック・ステンソン(5)
3位:ジョーダン・スピース(6)
4位:松山英樹(4)
5位:ジャスティン・ローズ(13)
6位:ゲーリー・ウッドランド(30)
7位:リッキー・ファウラー(9)
8位:ローリー・マキロイ(3)
9位:アダム・スコット(7)
10位:マーティン・カイマー(45)

※()内は世界ランキング

<ゴルフ情報ALBA.Net>