<FedExCupポイントランキング>

米国男子ツアー「ザ・ホンダ・クラシック」を終え、最新のFedExCupポイントランキングが発表された。

【関連】ハッピーバースデー!25歳を迎えた松山英樹の記録を振り返る
同大会で今季初勝利を挙げたリッキー・ファウラー(米国)が48人抜きとなる10位にランクイン。また、2位フィニッシュのゲーリー・ウッドランド(米国)が5ランクアップの7位に浮上している。

ランキング1位の松山英樹はオープンウィークを過ごしたが、2位のジャスティン・トーマス(米国)が今大会で予選落ちとなったため、松山の首位は動かず。3試合ぶりに予選を通過し37位フィニッシュの石川遼は7ランクアップの104位となっている。

【FedExカップポイントランク】
1位:松山英樹(1,697point)
2位:ジャスティン・トーマス(1,627point)
3位:ジョーダン・スピース(947pt)
4位:パット・ペレス(934point)
5位:ブレンダン・スティール(891point)
6位:ダスティン・ジョンソン(803point)
7位:ゲーリー・ウッドランド(794point)
8位:ジョン・ラーム(771point)
9位:マッケンジー・ヒューズ(719point)
10位:リッキー・ファウラー(719point)

104位:石川遼(131point)
140位:岩田寛(76point)

<ゴルフ情報ALBA.Net>