3月2日(木)から行われる「ダイキンオーキッドレディス」で2017年の国内女子ツアー開幕。今年の見どころや展望についてツアー通算41勝を挙げている森口祐子に話を聞いた。

総数600枚以上!オフショットも充実のイ・ボミフォトギャラリー
第2回は賞金女王候補筆頭のイ・ボミ(韓国)を脅かす選手ついて。2年連続で賞金女王に戴冠、様々な記録を塗り替え続けるボミを止める選手は誰なのか。また、それぞれポイントは。


まず全体的に言えるのはやっぱり韓国の選手たちの層の厚さです。今年から参戦する選手の強さは未知数ですが、今年も韓国選手たちにテレサ・ルーさんを含めたメンバーでの争いはあるのかなと思います。

中でも筆頭は申ジエさんでしょう。彼女のクラブさばきは世界でも屈指のものがありますし、1つ1つのグレードを見ていくとボミさんよりも上の部分もありますからね。

彼女がさらに上に行くためのポイントはプレーのペース配分になると思います。元々早い方ではないですが、順位にこだわり始めるとルーティンがどんどんゆっくりになります。そこには自分でももどかしさと感じているでしょうし、スロープレーと取られれば走らなきゃいけない時間帯が出てきてしまう。そうなると最後まで集中力を保つのが難しい。気持ちよくプレーできるような配分ができるとさらに良くなってくると思います。

あと、世界ランク1位という頂点を一度知っている人間や結果を出した人間にありがちな「あの時できたことを今もちゃんとできるのか」という不安からか、たまに迷いのあるプレーをするときがあります。自信と迷いは背中合わせです。だから意外とケアレスミスがある。狙ってきたときのすごさもあるけど、気持ちだけで引っ張り切れない時の埋め合わせがちょっとずれてしまっているときがある。その部分をクリアにできれば3カ国目のツアー賞金女王も見えてくるのではないでしょうか。

昨年、賞金ランキングで日本人最上位となった笠りつ子さんの良さは何と言っても「見ていてスカッとする」ゴルフですね。直観力で勝負というか、直観=判断力がマッチしたときのスキのなさがすごい。あとはパッティング。もう少しパットに対する執着心みたいなのはあってもいいのかなと。ラインの上を綺麗に回転するような球が打てれば、小気味よいショットとマッチして面白い存在になると思いますよ。

鈴木さんは、気持ちだけで見たらこれほど強い選手はいないんじゃないかなというくらいガッツがすごい。戦う時間の長いゴルフだけに気持ちのコントロールは課題ですが、今は「絶対負けない」という強い気持ちで向かっていってほしいですね。そのガッツが技術を作り上げていってると思う。気持ちが強いから練習したくなる。練習することで体力が伴っていく。彼女のオフの練習を見たという知り合いも「すごく頑張っていた」と話していたので、今季とても楽しみですね。

もう1人期待の日本人を挙げるとすれば渡邉彩香さんでしょう。昨年レクシー・トンプソン(米国)としのぎを削った「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の戦いを見る限り、世界に通用する飛距離を持っています。パー5の攻め方を見ても、かつて福嶋晃子さんが出てきたときのような迫力がありますね。

私からアドバイスを1つするとすれば、今バリエーションを増やしているというアプローチの中で軸となるものを持っておくと良いのかなと。昨シーズンはたまに迷いながらどっちつかずのアプローチをしているように見受けられる時がありました。“これ”というものを1個確立すれば、新たな引き出しがより活きてくると思いますよ。

そして私が注目して欲しい選手が比嘉真美子さんです。デビューしたころからビッグマウスで強気な選手でしたが、初優勝した「ヤマハレディース」の勝ち方はすぐに海外に行ってほしいくらいの迫力がありました。ですが、その翌々年ごろからドライバーに悩み苦労していました。経験というのは自信にもつながりますが、彼女の場合は経験が増えることでゴルフが小さくなってしまっていました。やればやるほどゴルフが難しくなっていったと思います。

そんな苦労を彼女は、様々な試行錯誤や応援してくれたギャラリーさんたちに対する熱い想いで潜り抜けてきました。今年はきっと2勝を挙げた年以上のパワーを見せてくれるのではないでしょうか。

その他にも今年日本にフル参戦する有村智恵さんはクラブ契約、ウェア契約を変えて心機一転臨んでくるでしょうし、プレーを見ていて「明日はない。今しかゴルフができない」というような強い覚悟を感じるキム・ハヌル(韓国)さんにも注目です。それぞれが課題を克服してくれば、ボミさんに負けない強さを見せてくれるのではないでしょうか。

解説・森口 祐子(もりぐち・ゆうこ)/1955年4月13日生まれ、富山県出身。通算41勝を挙げ、日本女子ツアーで6人しかいない永久シード保持者の1人。一男一女の母でもある。現在は解説者としても活躍中。

<ゴルフ情報ALBA.Net>