<ダイキンオーキッドレディス 事前情報◇21日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,617ヤード ・パー72)>

3月2日(木)から行われる国内女子ツアー開幕戦・第30回「ダイキンオーキッドレディス」に出場するダイキン工業所属の諸見里しのぶが21日(火)沖縄入り。那覇空港にて歓迎セレモニーが行われた。

【関連写真】オフショットからドレス姿まで!諸見里しのぶフォトギャラリー
ホステスプロが満を持して帰ってきた。昨年は3年前から悩まされる肋軟骨痛のケガとアレルギー症状の回復に努めるため推薦の7試合のみにとどめ、空いた時間は様々なことに有効活用した。「1年間お休み頂いて、しっかり体を治すこと出来たし、自分と向き合う事も出来て、20年間ゴルフをしている中で、昨年の1年は私にとって貴重な1年でした」。

休んでいる時間に改めて熱い思いが込み上げた。「もう1回ゴルフをやりたい、優勝したい」。その気持ちは昨年のファイナルQTで32番目とかたちとなり、ほぼ全試合の出場権を獲得。復活への歩みを強く踏み出した。

万全を期して迎えるはホステス大会。「ホステスとして緊張もあります」というのは偽らざる本音。だが、それ以上に闘争心が沸いている。「ダイキンオーキッドは今年30回記念大会で、私も30歳として迎えるので、私の人生はダイキンに育ててもらったと言ってもおかしくないですし、恩返しの意味も込めて、優勝争いに加わりたいと思っています」。強い言葉は自信の表れでもある。

「1番ホールから優勝するという気持ちを曲げないで、自分に負けないように強い気持ちを持って1ホール1ホール大事にやっていきたい」。地元決戦へ、気持ちは昂るばかりだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>