ローリー・マキロイ(北アイルランド)が19日(日)にドナルド・トランプ米大統領とトランプインターナショナルGCでラウンドしたことを米メディアが報じた。

米国男子ツアーの熱戦を、特選フォトでプレーバック!
ゴルフ専門サイト、No Laying UPが20日に出した記事によるとマキロイはトランプ氏から誘いでラウンドに応じたという。マキロイは同サイトに「彼はたぶん80ぐらいで回った。彼は70代、かなりいいプレーヤーだと思う」と語った。

マキロイはろっ骨の疲労骨折し、来週の「WGC-メキシコ選手権」で復帰予定。同サイトによれは、怪我をする前と同じぐらいのスイングスピードで振れるようになってきたという。トランプ氏とのラウンドできたということは、ほぼ完治しているということ。来週は世界ゴルフ選手権で元気な姿を見せてくれそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>