<ジェネシス・オープン 3日目◇18日◇リビエラCC(7,266ヤード・パー71)>

悪天候により競技スケジュールが大幅にずれ込んでいる「ジェネシス・オープン」は3日目も日没によるサスペンデッドに。今大会の結果いかんでは世界ランク1位に浮上する可能性のあるダスティン・ジョンソン(米国)は3ラウンドをスタートできず、暫定首位ながらも36ホールの長丁場を戦うこととなった。

【関連写真】「始まる前から違和感があった」松山英樹、“80”の乱調 今季初の予選落ち
1打差の暫定2位タイにパット・ペレス(米国)、キャメロン・トリンガル(米国)。トータル7アンダーの暫定4位タイにジョナサン・ベガス(べネズエラ)、パトリック・ロジャース(米国)、J・T・ポストン(米国)がつけている。

現在世界1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)は3ラウンドの5ホールを消化。スコアを1つ落としトータル1アンダーの暫定53位タイとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>