<ISPSハンダ ワールド・スーパー6・パース 3日目◇18日◇レイクカリーニャップCC(7,143ヤード・パー72)>

今年から新フォーマットで開催されている「ISPSハンダ ワールド・スーパー6・パース」。3日目の競技が終了し、最終日に進出する24人が決定。「マスターズ」出場圏の世界ランク50位以内を目指す谷原秀人は、トータル10アンダー14位タイでフィニッシュし、マッチプレーへの切符を掴み取った。

松山英樹、石川遼が戦う米国男子ツアーフォトギャラリー!
「朝からバーディ、バーディで良いスタートきれたので。 そこから伸ばすことだけしか考えなかった」。1番から2連続バーディをもぎ取った谷原。この日の4バーディ・ノーボギーと危なげないラウンドに、「ショットも良かったし、パットも良かった」と満足げな表情を浮かべた。

明日は勝ち残った23人と頂点を決めるトーナメントに挑む。「勝ち進んで行かなくちゃ。明日からはニューゲーム」。6ホールの短期決戦に油断は命取りとなる。「まあ流れですよね。 きっちり入れるとこは入れないと。まあやってみますよ」。

最終決戦には昨年覇者のルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)、トータル17アンダーの1人旅で首位通過を果たしたブレット・ランフォード(オーストラリア)など、強豪がひしめき合う。「(他の選手は)関係ないですね。自分の力が出せればいいのかなと思います」。そう力強く言い放った谷原。ライバルを蹴散らし、たった1つの栄冠を手にすることができるか。

【マッチプレーの出場選手24人】
1位:ブレット・ランフォード
2位T:ルイ・ウーストハウゼン
2位T:ジェイソン・スクライブナー
2位T:アダム・ブライス
2位T:ルーカス・ハーバート
2位T:スティーブン・ジェフレス
2位T:オースティン・コンリー
8位T:ライアン・エバンス
8位T:ダニエル・フォックス
8位T:ヨハネス・バーマン
8位T:デビッド・ブランスドン
8位T:トーマス・デトリー
8位T:ジェイク・ヒギンボトム
14位T:谷原秀人
14位T:ニック・クレン
16位T:アダム・ブランド
16位T:ウェイド・オームズビー
16位T:ケイシー・オトゥール
16位T:ペップ・アングルス
20位T:パチャラ・コンワットマイ
20位T:ジブ・ミルカ・シン
20位T:スチュワート・ダンカン
20位T:マシュー・ミラー
20位T:サム・ブラゼル

<ゴルフ情報ALBA.Net>