<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 3日目◇18日◇ロイヤル・アデレードGC(6,681ヤード・73)>

米国女子ツアー開幕第2戦「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の3日目。米ツアー参戦後初の決勝ラウンドに挑んだ畑岡奈紗はこの日“79”の大叩きでトータル2オーバー52位タイに後退。「(記憶に)ないですね。最近の試合ではあり得なかった」、2度のトリプルボギーで6つスコアを落とした。

【関連】ハイライトも充実!LPGAツアー動画はこちら
連日同様、この日も吹いた強い風に多くの選手が悩まされ、スコアを伸ばしあぐねた。畑岡も例外でなく、「まだまだ風の読みが甘いなと思いました」とラウンド後に反省を口にした。2つのトリプルボギーに関しては、「悪いショットをした訳ではなくて計算が…。自分の頭をもっと使っていけば、あのミスは無かったかもしれないですね」。慎重になれなかった自分を悔やんだ。

ラウンド中、競技委員にスロープレーを注意されたことも焦りにつながった。「途中トラブルで遅くなってしまって。少し時間のことを考えながらプレーすることになったので、もう少しゆとりを持ってプレーしたかったですね」と唇を噛んだ。

「ショットは全然悪くない」と、プレーへの自信は失っていない。しかし、「もう少し安定させる必要はありますね。パッティングとコースマネジメントを見直すことだと思います」。

首位とは12打差、事実上優勝は難しい状況にいるが、気落ちするは訳にはいかない。「明日は6アンダー。6アンダー以上を出したいですね」。最終日への目標を掲げ、前を向いた畑岡。少しでも多くのことを吸収し、今後の戦いへの糧としたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>