<ISPSハンダ ワールド・スーパー6・パース 3日目◇18日◇レイクカリーニャップCC(7,143ヤード・パー72)>

今年から変則的な新フォーマットで開催されている「ISPSハンダ ワールド・スーパー6・パース」の3日目。この日のラウンド終了時点の上位24人(タイの場合はプレーオフで決定)が最終日に進出。6ホールのマッチプレーで優勝を争うことになる。

松山英樹の活躍をフォトギャラリーでプレーバック!
「マスターズ」出場圏内の世界ランク50位以内を目指す谷原秀人が後半18番をバーディ締め。この日4バーディ・ノーボギーの“68”をマークし、トータル10アンダー14位タイでフィニッシュ。最終日のマッチプレー進出が濃厚となっている。

トータル14アンダー首位タイにブレット・ランフォード、ルーカス・ハーバート(共にオーストラリア)、1打差2位にアダム・ブライス(オーストラリア)が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>