<ジェネシス・オープン 初日◇16日◇リビエラCC(7,266ヤード・パー71)>

初日は濃霧の影響で中断した影響で日没サスペンデッドに。この日も悪天候で競技が続行不可能となり、連日の順延に。ホールアウトできたのは24選手のみ、60名の選手はまだ第2ラウンドのスタートすら切れていない。石川遼は36ホールを終えたが、結果は厳しいものとなった。

松山&遼の戦いを特選フォトでプレーバック!
この日は風雨の中のラウンド、石川は3つのダブルボギーなどで8つスコアを落としトータル9オーバー暫定136位タイと2試合連続での予選落ちが確定的に。このスコアは天気や難コンディションよりも「完全に技術的な問題。先週の2日目もそうだったけど、まだ自分の悪い部分が抜けていない」のが原因だという。

初日は手ごたえも得ていたが、「ちょっと良くなって来たかなと思ったところで、自分が油断している部分もあると思う」と今回は悪い方向に行ってしまった。「良い技術がないと結果はでない。それがないのに結果だけだそうと思ってもなにも前進しない。まずは技術を向上させないと」、結果を求めるあまり自分のフォーカスしなければいけないことを見失っていた。

「やらないといけないことが、たくさんある」。自分の中では課題も修正点も見えている。この2試合の悔しさを糧に、また前を向いて練習に励むのみだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>