<ジェネシス・オープン 初日◇16日◇リビエラCC(7,266ヤード・パー71)>

米国男子ツアー「ジェネシス・オープン」の2日目。濃霧により中断となった第1ラウンドの続きと、第2ラウンドが行われたが悪天候により競技の続行が不可能に。60名もの選手がスタートできず、試合のスケジュールは大幅に乱れている。

松山&遼の戦いを特選フォトでプレーバック!
松山英樹は3アンダーで第1ラウンドを終了。風と次第に強まる雨の中で行われた第2ラウンドでは10番でボギーが先行。前半は4つスコアを落とすと、後半も3番から連続ボギーを叩いてしまう。そして7番のティショットの後に、試合がストップ。トータル3オーバー、暫定100位タイに後退している。現時点のカットラインはイーブンパー、再開後は1つでも伸ばしておきたいところだ。プレーの再開は明日の現地時間7時から。

石川遼は3つのダブルボギーなどで8つスコアを落とし、トータル9オーバーでホールアウト。136位まで順位を落とし、2試合連続での予選落ちが確定的になっている。

暫定首位はトータル7アンダーでプレー中のジョナサン・ベガス(ベネズエラ)とスタート前のサム・ソーンダース(米国)。2週連続優勝を狙うジョーダン・スピース(米国)はトータル5アンダー暫定4位タイと好位置につけている。

【2日目の順位(暫定)】
1位T:ジョナサン・ベガス(-7)
1位T:サム・サンダース(-7)
3位:ジェイソン・コクラック(-6)
4位T:ダスティン・ジョンソン(-5)
4位T:ジョーダン・スピース(-5)
4位T:ジョン・ハー(-5)
4位T:ベン・クレーン(-5)他

100位T:松山英樹(+3)他
136位T:石川遼(+9)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>