<ジェネシス・オープン 初日◇16日◇リビエラCC(7,266ヤード・パー71)>

米国男子ツアー「ジェネシス・オープン」の2日目。第1ラウンドを3アンダー19位タイで終えた松山英樹。引き続き、第2ラウンドのプレーに入り、前半を終えた。

松山&遼の戦いを特選フォトでプレーバック!
松山はインコースからスタート。出だしの10番でボギーを先行させると、15番でもスコアを落とし、17番からは連続ボギー。4つスコアを後退させ、トータル1オーバーで後半のプレーに入った。

現在の順位は暫定80位タイ。カットラインはイーブンだが、雨と風により多くの選手が苦戦している。まだスタートしていない選手も多く、流動的な状況だ。

石川遼は16ホールを消化。5つスコアを落とし、トータル6オーバーでプレー中で予選落ちが濃厚となっている。

首位はトータル8アンダーでプレー中のジョナサン・ベガス(ベネズエラ)。


<ゴルフ情報ALBA.Net>