<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇17日◇ロイヤル・アデレードGC(6,681ヤード・73)>

米国女子ツアー開幕第2戦「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の2日目。初日2オーバー99位タイと出遅れて「(オフに)何をしてきたんだろう?」と話していた野村敏京が2日目に6バーディの猛チャージ。スコアを4つ伸ばしてトータル2アンダーと予選突破圏内に食い込んだ。

またかわいい新顔女子プロがあらわれた!グアム知事杯で満面笑顔
野村は出だしの10番、11番の連続バーディなど前半だけでスコアを4つ伸ばすと、バックナインでは苦しみながらも2バーディ・2ボギーと崩れず。昨年覇者がようやく伸ばしてきた。

日本期待のルーキー・畑岡奈紗も13ホールを終えて1イーグルに4バーディと猛チャージをかけてトータル4アンダー。松森彩夏はスコアを2つ伸ばしてホールアウトしたもののトータル1オーバー。トータル2オーバーの上原彩子と共に予選突破は厳しい状況となっている。

もう一人の日本勢・横峯さくらは11時15分にローラ・デービス(イングランド)、ヤニ・ツェン(台湾)といった2人のレジェンドと共にスタート。トータル1アンダーからどこまで伸ばすことができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>