<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 初日◇16日◇ロイヤル・アデレードGC(6,681ヤード・73)>

米国女子ツアー開幕第2戦「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」。今大会が米ツアー本格デビュー2戦目となる畑岡奈紗は4バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“74”で1オーバーの81位タイとやや出遅れた。

【関連】熱戦開幕!日本勢5人が挑む今大会をフォトギャラリーでチェック!
この日の畑岡は2番のパー5でバーディを先行させるも、3番でボギー。4番をバーディとしたものつかの間、7番、8番の連続ボギーでスコアを落とした。9番、10番と連続バーディのあとは11番でダブルボギー。

「いい流れを作っているのに、すぐボギーを打ってしまって、もったいなかった。(ダブルボギーも)連続バーディのあとだったのに流れを止めてしまいましたね」。悪い流れのまま終盤もスコアを伸ばせずホールアウトした。

風が強く吹いた午後のラウンドだったとはいえ、この日の18ホールを「良かったところは…ないです」とバッサリ。明日に向けては「セカンドショットをもっとチャンスにつけたい」と語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>