<グアム知事杯女子ゴルフトーナメント 初日◇16日◇レオパレスリゾートCC>

新人女子女子プロの登竜門「第15回グアム知事杯ゴルフトーナメント」が16日、グアムのレオパレスリゾートCC(アウト・ハイビスカスコース/イン・オーキッドコース)で開幕した。

【関連】現地から生配信中!撮れたてライブフォト
2日間競技の初日、沖縄県出身の小宮満莉花が5バーディ・1ボギーの“68”でプレーし、4アンダーの単独トップに立った。去年のステップ・アップ・ツアーの「カストロールレディース」初日にたたき出した“67”の自己ベストにあと一打に迫るプレーだった。

風が強いとされる沖縄のゴルフ場で腕を磨いただけあって、そのプレーは終始安定していた。「風が強かったですが、元々パンチショットが得意なので、今日はスコアがうまくまとまりました」。

小宮がゴルフを始めたのは15歳から。ソフトテニスに夢中になっていた14歳のとき、ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントで宮里藍が優勝したのをみて「すごく感動した。絶対にプロになるって決めました」。

最初は沖縄の本部高校でゴルフ部を創設するということでゴルフを始めたそうだが、その後、一つ上の先輩プロの大城さつきに声をかけられて、沖縄尚学高校に転校。そこでゴルフに明け暮れた。高校卒業後はプロテストを受験するもことごとく失敗し、7回目の挑戦となった2015年にようやく合格した。

「憧れは宮里藍さん。でも、目標とする選手は一つ年上の宮里美香さんです。今年1月に会って話もしました。実際のプレーも参考にする部分が多いです」。

ゴルフはかなり遅いスタートだったが、フィジカルが強く、「得意クラブはドライバー」とショットも豪快だ。平均飛距離は250ヤードという。「明日も今日のゴルフができればいいし、ボギーを打たないゴルフをして優勝したい」。

今はまだステップ・アップ・ツアーが主戦場だが、いずれレギュラーツアー選手になる日を夢見ている。今大会で優勝すれば、「ヤマハレディースオープン葛城」と「ほけんの窓口レディス」の出場権が得られる。このチャンスをものにすることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>