<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 事前情報◇15日◇ロイヤル・アデレードGC(6,681ヤード・73)>

世界1位に競り勝っての初優勝から1年、野村敏京がさらに逞しくなってロイヤル・アデレードGCに戻ってきた。

リオ五輪第4位!野村敏京スイング解説はこちら
1年経ってもコースにくれば初優勝を思い出す。「特に16、17番ですね」。猛追してきたリディア・コ(ニュージーランド)を突き放す2つのバーディは、今もなお手に感触として残っている。

一方で去年とコンディションの違いも。「風が非常に強く吹きますし、グリーンは柔らかく感じます」。“65”を叩きだした去年とは違った展開になる可能性を示唆した。

連覇に向けてのカギは「自分のプレーに集中すること」と野村。去年の優勝インタビューで「(初優勝へのプレッシャーは)なかったです」と言い放ったが、今年も「ディフェンディングチャンピオンとしてのプレッシャーはないです」と堂々とした態度を見せた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>