<AT&Tペブルビーチ・プロアマ 3日目◇11日◇ペブルビーチGL他>

カリフォルニア州にあるペブルビーチGL、モントレーペニンシュラCC、スパイグラスヒルGCの3コースで開催されている、米国男子ツアー「AT&Tペブルビーチ・プロアマ」は順延となっていた第2ラウンドの続きと第3ラウンドを行い、ジョーダン・スピース(米国)がトータル17アンダーまでスコアを伸ばし単独首位に立った。2位のブラント・スネデカー(米国)に6打差をつけて独走態勢で最終日に臨む。

【関連】松山英樹の大会連覇から5日… あの興奮をフォトでプレーバック!
日本勢で唯一出場の岩田寛はモントレーペニンシュラCCを回り、2バーディ・1ボギー・2ダブルボギーの“74”。イーブンパーからトータル3オーバーまでスコアを落とし、101位タイで予選落ちとなった。岩田は前半をパープレーで終えるも、ハーフターン後の10番、12番と2つのパー5でバーディを奪うなど予選通過ラインの中にいたが、14番でボギーを叩くと、17番、18番と上がり2ホール連続ダブルボギーで一気にスコアを落とした。

3コースを使った予選ラウンドは終了し、最終日はホストコースであるペブルビーチGLで決勝ラウンド18ホールが行われる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>