1月の「ファーマーズ・インシュランス・オープン」で1年5か月ぶりにツアー復帰を果たしたタイガー・ウッズ(米国)が出場を予定していた、米国男子ツアー「ジェネシスオープン(16日〜19日)」と「ザ・ホンダ・クラシック(23日〜26日)」を欠場することを発表した。ウッズは自身のホームページで「ドクターに腰の状態を落ち着かせるため、2週間はプレーしない方が良い言われた。望んだ結果とは違うから、本当に残念だ」とコメントした。

松山英樹の最新連続写真 世界が絶賛のスイングを分析
ハードスケジュールにドクターストップがかかった形だ。ウッズの当初のスケジュールは、1月26日からの「ファーマーズ―」で2015年8月「ウィンダム選手権」以来のPGAツアー出場を果たした後、そのまま民間航空機でドバイに飛び、欧州ツアー「オメガドバイデザートクラシック」にエントリー。1週間のオフを挟んでロサンゼルスでの「ジェネシスオープン(16日〜19日)」、そして地元フロリダの「ザ・ホンダ・クラシック(23日〜26日)」を戦うというものだった。

しかし、「オメガドバイ―」では第1ラウンド終了後に腰に違和感を覚えて第2ラウンドスタート前に棄権。そして、米国での2連戦の欠場と、復帰直後の41歳の体には5週で4戦というスケジュールには無理があった。ウッズは「マスターズ」を復帰後最初のピークととらえているが、果たしてオーガスタに戦える状態で乗り込むことはできるのだろうか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>